6月16日(土)マインドフルネス体験会を開催します!

6月16日(土)10時より大崎市の千手寺でマインドフルネスの体験会を開催します。

チラシ20180616案2

今回は、「ストレスと上手に付き合うココロの使い方」をテーマに
マインドフルネスのレクチャーと実践を行います。

マインドフルネスのレクチャーと実践を通して、
皆さんと一緒にストレスが生まれる過程とその対処法を学んでいればと考えています。

ご関心のある方は、皆様お誘いあわせの上、是非ご参加ください。

お問い合わせ・お申し込みは、コチラから!

――――――――――――――――――――――――――
<6月のマインドフルネス体験会>

【日程】2018年6月16日(土)10:00~12:00
【会場】千手寺 会館 1 階座敷(宮城県大崎市古川千手寺町1-10-45)
お車でお越しの際は、千手寺さんの近くに専用駐車場がございます。
【参加費】無料
【定員】先着15名
【講師】
・村椿 智彦(むらつばき ともひこ)
マインドフルネス瞑想療法士(日本マインドフルネス精神療法協会認定)
東北大学大学院医学系研究科博士課程 修了
博士(医学)、修士(臨床心理学)

【連絡先】参加をご希望の方は前日までにご連絡ください。ご質問もどうぞ☆
E-mail: mindfulness.simtmiyagi*gmail.com(「*」を「@」に変換してください)
――――――――――――――――――――――――――

広告

6月のマインドフルネス体験会のお知らせ!!

6月16日(土)10時より大崎市の千手寺でマインドフルネスの体験会を開催します。

今回は、「ストレスと上手に付き合うココロの使い方」をテーマに
マインドフルネスのレクチャーと実践を行います。

皆さん、日々の生活を過ごす中で
ストレスに感じることに出くわすことは多々あると思います。
「私は、今までストレスなんて感じて生きたことはありませんよ」という方は、
ほとんどいらっしゃらないと思います。

私たちは普段、嫌な出来事に遭遇すると
不快に感じたり、気分が落ち込んだり、腹が立ったり、
「この場から逃げ出したい」と思ったり、
心や頭の中で様々な感情や思いが出てくると思います。
もちろん、身体の方でも胸がドキドキしたり、汗をかいたり、身体のどこかが緊張したり…
身心で色んな不快な体験が生じてくると思います。

例えば、朝、職場の同僚あるいは家族に挨拶したけど、無視されたとしましょう。
皆さんはこのような時にどのように感じますか?

無視されたことに対する反応には、色々あると思います。

この出来事をそれほど気に留めない方は良いですが、
「無視された…私は嫌われているんだ…」と悲しくなる方や、
「何だあいつは!無視しやがって!馬鹿にしてるのか!」とイライラする方は、
これはストレスを感じる不快な出来事だと思われます。

もし、この不快な体験が出来事と遭遇したその時だけではなく、
それが過ぎ去ったあとで、ふと何かの拍子に思い出された場合はどうでしょうか?

「何であんなことになったんだろう…」「また明日も無視されたらいやだなあ…」
「何で返事を返さなかったんだ!」「明日あいつとは顔を合わせたくない!」などと、
考えが頭にめぐってきて、不快な感情が再燃して、ストレスが大きくなったり、
次の日に、その人と会うこと避けたり、会っても何となくそっけない態度を取ってしまって、
その人との関係性がこじれてしまう、ということが起こることもあります。

さて、ここまで書いてきたネガティブ方向へのこの反応は
いったい何処から生じているのでしょうか?
この反応に対処する方法はあるのでしょうか?

日常で感じるストレスと上手く付き合うには、この問いに対する答えが鍵になってきます。

6月の体験会ではマインドフルネスのレクチャーと実践を通して、
皆さんと一緒にストレスが生まれる過程とその対処法を学んでいればと考えています。

今後の体験会は、以下のようなテーマを設定して開催していく予定です。

<今後の体験会の予定>
6月:ストレスと上手に付き合うココロの使い方
8月:自分と他人を大切にする思いやりのあるコミュニケーション
9月:人生の生きがいと職場や家族とのつながり
※7月はお休みです

以前に体験会にご参加いただいた方にも、
新たな学びと発見が出来る機会をご提供できればと思っております。

ご関心のある方は、皆様お誘いあわせの上、是非ご参加ください。

――――――――――――――――――――――――――
<6月のマインドフルネス体験会>

【日程】2018年6月16日(土)10:00~12:00
【会場】千手寺 会館 1 階座敷(宮城県大崎市古川千手寺町1-10-45)
お車でお越しの際は、千手寺さんの近くに専用駐車場がございます。
【参加費】無料
【定員】先着15名
【講師】
・村椿 智彦(むらつばき ともひこ)
マインドフルネス瞑想療法士(日本マインドフルネス精神療法協会認定)
東北大学大学院医学系研究科博士課程 修了
博士(医学)、修士(臨床心理学)

【連絡先】参加をご希望の方は前日までにご連絡ください。ご質問もどうぞ☆
E-mail: mindfulness.simtmiyagi*gmail.com(「*」を「@」に変換してください)
――――――――――――――――――――――――――

5月の体験会を終えました!

このところ暑かったり寒かったり,
はっきりしない天気が続いていますが、
皆様、いかがお過ごしですか?

先週の土曜日に、5月の体験会を終えました。
今回は3名の方にご参加いただきました。

講師が変わってから、はじめての体験会となりましたが、
和やかな雰囲気で進めることができ、
また、たくさんのご質問をいただき、活発なお話ができました。
マインドフルネスについて理解を深める大変良い会となりました。
ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました(^o^)丿

ひとまず、出だしを転ばずに
産休に入った講師の代わりを
無事に務めることができた!?と、
ほっとしております。

さて、今回の体験会では、以下のレクチャーと実践を行いました。

<レクチャー>
・マインドフルネスとは何か
・マインドフルネス瞑想のメリットとデメリット
・マインドフルネスが苦悩や不適応を改善するメカニズム

<実践>
・呼吸瞑想
・歩行瞑想

マインドフルネスの実践は、
呼吸瞑想や歩行瞑想など形式的なものだと
思われる方もいらっしゃいますが、
日常生活の行動どんなものでも、
マインドフルネスの実践ができます。

食事、歯みがき、洗顔、お風呂、掃除、
料理、通勤・通学、会話などなど…
今ここの体験に気づきを向けて、観察していきましょう。

自分を俯瞰的に見守って,心の状態と働きを観察しましょう。
意識が対象から離れた時に,何が起こっているでしょうか?
身体の感覚はどうでしょうか?
心には快・不快の感覚や感情,何かを考えていませんか?
意識が別のところに向いていませんか?
気づきを今ここの体験に向けます。
確認が終わったら,また優しい気持ちで
意識を観察する対象に戻しましょう。

次回の体験会は、6月16日(土)です。
千手寺で10時から12時に開催します。

ご関心のある方は、皆さんお誘い合わせの上、ご参加ください。

――――――――――――――――――――――――――

<6月のマインドフルネス体験会>

【日程】2018年6月16日(土)10:00~12:00
【会場】千手寺 会館 1 階座敷(宮城県大崎市古川千手寺町1-10-45)
お車でお越しの際は、千手寺さんの近くに専用駐車場がございます。
【参加費】無料
【定員】先着15名
【講師】
・村椿 智彦(むらつばき ともひこ)
東北大学大学院医学系研究科博士課程 修了
マインドフルネス瞑想療法士(日本マインドフルネス精神療法協会認定)
博士(医学)、修士(臨床心理学)

【連絡先】参加をご希望の方は前日までにご連絡ください。ご質問もどうぞ☆
E-mail: mindfulness.simtmiyagi*gmail.com(「*」を「@」に変換してください)

――――――――――――――――――――――――――

2018年5月19日(土)マインドフルネス体験会

もう5月も中旬に入り、暖かい日が増えてきましたね。
5月19日(土)に大崎市の千手寺でマインドフルネスの体験会を開催します。

NHKでも取り上げられ、Googleなどの先進企業で取り組まれている
マインドフルネスとは何なのか、どんな時に役立つのか、
その理論と実践方法をレクチャーします。

初心者でもわかりやすい内容ですので、
ぜひご関心のある方はご参加ください。
(まだ定員に空きがございます。)

―――――――セッション内容(予定)―――――――
・自己紹介
・体験会の趣旨説明
・レクチャー:マインドフルネスとは何か
心の健康にマインドフルネスを役立てる
・休憩
・実践体験:呼吸瞑想、ボディスキャン、歩行瞑想
・まとめ

※マインドフルネス瞑想での体験や感想を
皆さんでお話しいただく機会があります。
※呼吸瞑想ではあぐらを組んでいただくことがありますので、
楽な服装でご参加いただくと良いです。
(あぐらが難しい方は、足を伸ばしても大丈夫です)
―――――――――――――――――――――――――

<5月のマインドフルネス体験会>

【日程】2018年5月19日(土)10:00~12:00
【会場】千手寺 会館 1 階座敷(宮城県大崎市古川千手寺町1-10-45)
お車でお越しの際は、千手寺さんの近くに専用駐車場がございます。
【参加費】無料
【定員】先着15名
【講師】
・村椿 智彦(むらつばき ともひこ)
東北大学大学院医学系研究科博士課程 修了
マインドフルネス瞑想療法士(日本マインドフルネス精神療法協会認定)
博士(医学)、修士(臨床心理学)

・村椿 愛(むらつばき あい)
北海道医療大学大学院心理科学研究科修士課程 修了
マインドフルネス瞑想療法士(日本マインドフルネス精神療法協会認定)
臨床心理士、修士(臨床心理学)

【連絡先】参加をご希望の方は前日までにご連絡ください。ご質問もどうぞ☆
E-mail: mindfulness.simtmiyagi*gmail.com(「*」を「@」に変換してください)
Tel: 080-3294-7831(電話に出られないことがあります。ご了承ください。)

2018年5月19日(土)マインドフルネス体験会☆

GWも最終日となりました。

ほとんどの方は明日からお仕事ですね。

GWのような連休後に、いつものような生活に戻すのは、

とっても負担がかかり疲れやすくなります(+o+)

また、天候も暖かくなったり、雨が降ったり安定しないですね。

体調に気を付けて、ステキな1週間になるといいですね♪

 

GWが終わって、疲れが出てくる方もいらっしゃるかもしれません。

身体のサインに気づき、どのように付き合っていくかは

お仕事を進めていく上でも重要なことですね。

マインドフルネスは継続した実践で

身体の状態に気づくこと、付き合っていくことが

少しずつ上手になっていきます。

もし、ご興味のある方は体験会へ参加してみませんか?

********************
【5月のマインドフルネス体験会】

2018年5月19日(土)10:00~12:00

会場: 千手寺 会館 1 階座敷
(宮城県大崎市古川千手寺町1-10-45)

参加費:無料

定員:先着15名

講師:

・村椿 智彦(むらつばき ともひこ)
東北大学大学院医学系研究科博士課程 修了
マインドフルネス瞑想療法士(日本マインドフルネス精神療法協会認定)
博士(医学)、修士(臨床心理学)

・村椿 愛(むらつばき あい)
北海道医療大学大学院心理科学研究科修士課程 修了
マインドフルネス瞑想療法士(日本マインドフルネス精神療法協会認定)
臨床心理士、修士(臨床心理学)

参加をご希望の方は前日までにご連絡ください。その他、ご質問もどうぞ☆
mail: mindfulness.simtmiyagi*gmail.com
(「*」を「@」に変換してください)
Tel: 080-3294-7831
(電話に出られないことがあります。ご了承ください。)
********************
お車でお越しの際は、
千手寺さんの近くに
専用駐車場がございますので、
ご活用ください。

 

【非常に重要なご質問】呼吸法はどのようにして日常生活に活かすことができるのか?(2)

「8(エイト)マインドフル・ステップス ブッダが教えた幸せの実践」(バンテ・H・グナラタナ(著)出村佳子(訳)サンガ)という書籍に、同様の質問についての以下のような記述がありました。

「瞑想ではすべきことがたくさんあります。瞑想をしているとき、欲や恐怖、怒り、嫉妬、自己批判など日常生活のなかで問題を引き起こす厄介な感情が生まれてくるものです。気づきや集中がないときは必ず、この厄介な感情が悪い思考としてあらわれるのです。」

「そこで、まず精進して、悪い思考を観察し、手放します。」

「もし、日常生活のなかで気づきをはたらかせていないなら、いったいなんのために長い時間、座って瞑想しているのでしょうか?」

「坐っているときと同じように、全力で精進し、悪い思考が生まれたときには対処し、善い思考を育てるのです。」

やはり、日常生活に活かすということを目的として瞑想があるということですね。

マインドフルネスSIMTはうつ病、不安症の回復に効果がありますが、健康な方であってもSIMTによって多くの学びを得ることができます。

それは、SIMTが自分のこれまでの生き方に気づき、自分や他者を傷つけないような生き方を目指していくきっかけを与えてくれるからだと思います。

今までの生き方を変えていくのですから、そう簡単なことではありません。
日常生活、一瞬一瞬が実践の場なのだと意識して、過ごしていくことになります。
日常生活に活かすための呼吸法であり、瞑想なのでしょう。

***********************************
【5月のマインドフルネス体験会】

5月19日(土)10:00~12:00

会場: 千手寺 会館 1 階座敷
(宮城県大崎市古川千手寺町1-10-45)

参加費:無料

定員:先着15名

講師:
・村椿 智彦(むらつばき ともひこ)
東北大学大学院医学系研究科博士課程 修了
マインドフルネス瞑想療法士(日本マインドフルネス精神療法協会認定)
博士(医学)、修士(臨床心理学)

・村椿 愛(むらつばき あい)
北海道医療大学大学院心理科学研究科修士課程 修了
マインドフルネス瞑想療法士(日本マインドフルネス精神療法協会認定)
臨床心理士、修士(臨床心理学)

参加をご希望の方は前日までにご連絡ください。その他、ご質問もどうぞ☆
mail: mindfulness.simtmiyagi*gmail.com
(「*」を「@」に変換してください)
Tel: 080-3294-7831
(電話に出られないことがあります。ご了承ください。)
***********************************
お車でお越しの際は、
千手寺さんの近くに
専用駐車場がございますので、
ご活用ください。

【非常に重要なご質問】呼吸法はどのようにして日常生活に活かすことができるのか?(1)

*******************************

5月19日(土)マインドフルネス体験会の開催が近づいてきました☆

残席ございますので、お友達、ご家族お誘いあわせのうえ、足を運んでみてください♬

参加をご希望の方は前日までにご連絡ください。その他、ご質問もどうぞ☆

mail: mindfulness.simtmiyagi*gmail.com
(「*」を「@」に変換してください)

Tel: 080-3294-7831
(電話に出られないことがあります。ご了承ください。)

*******************************

以前、体験会に参加してくださった方が、「呼吸法がどのようにして日常生活に活かすことができるのか」ということについてご質問をいただいたことがありました。

確かに呼吸法を実践している時と、話したり動いたりしている時とは全く違ったことをしているように思えます。
呼吸法を実践している間には、本当に様々な思考や感情が起こり、時には想起が起こり、呼吸法を継続することが困難に感じられ中断したい衝動に駆られる時もあります。

マインドフルネスSIMT(自己洞察瞑想療法)では、行動時の自己洞察も行うので、行動時にどんな思考が起きているのか、どんな感情を感じているのか、リアルタイムで観察、洞察していきます。このように行動時の洞察、呼吸法での洞察を繰り返していると自分のパターンが見えてきます。

例えば、呼吸法を継続することが困難なときにすぐに中断してしまいたくなる衝動が出てくる場合は、日常生活でも困難な場面ですぐにやらなくてはならないことを中断したくなったり、回避したくなる衝動が出てきているというように。(実際に呼吸法を中断してしまう場合は、日常生活でもやらなくてはいけないことを中断する習慣があるかもしれません。)

この習慣を続けてしまうと、やらなくてはいけないことを投げ出していることになるので、お仕事であれば、お仕事が滞って周囲に迷惑をかけてしまい、自他ともに苦しむことになります。

家事であれば、洗濯物がたまる、食事が疎かになる等家族に迷惑がかかり、その様子を見て、自責感や自己嫌悪といった感情が出てきてこちらも結果的に自他ともに苦しみます。

そうならないためには、困難な場合でもやらなくてはならないことを遂行していく必要があります。

困難な状況で中断したくなったり回避したくなる心(SIMTでは本音といいます)を乗り越えていく必要があるのです。日常生活で乗り越えていくことはもちろん、呼吸法の中でも同様の心の動き(本音)が起こってくるはずなので、呼吸法の中でも乗り越えていきます。

呼吸法の中で起こる心の動きを観察し自己を洞察し本音を乗り越えていくことは、日常生活で起きている自己の不適切な行動を抑制し建設的な行動を遂行する心を鍛えていくということになるのです。実は呼吸法と日常生活は違うことをしているようで、かなり密接に繋がっているのです。

最初のうちは特に何度も何度もうまくいかないこともありますが、繰り返し呼吸法や日常生活で実践をします。諦めずに本音を乗り越えようと、続けているうちに少しずつ、中断したい気持ち、回避したい気持ちに打ち勝ち、やらなければいけないことを遂行できることが増えていくはずです。

人間は誰しも楽したい、辛いことはしたくないという考えを持っています。

いつでも本音に負けてしまう可能性があるので、この実践はずっと継続していくことがとっても大事なことなのではないかと思います。

***********************************
【5月のマインドフルネス体験会】

5月19日(土)10:00~12:00

会場: 千手寺 会館 1 階座敷
(宮城県大崎市古川千手寺町1-10-45)

参加費:無料

定員:先着15名

講師:
・村椿 智彦(むらつばき ともひこ)
東北大学大学院医学系研究科博士課程 修了
マインドフルネス瞑想療法士(日本マインドフルネス精神療法協会認定)
博士(医学)、修士(臨床心理学)

・村椿 愛(むらつばき あい)
北海道医療大学大学院心理科学研究科修士課程 修了
マインドフルネス瞑想療法士(日本マインドフルネス精神療法協会認定)
臨床心理士、修士(臨床心理学)

参加をご希望の方は前日までにご連絡ください。その他、ご質問もどうぞ☆
mail: mindfulness.simtmiyagi*gmail.com
(「*」を「@」に変換してください)

Tel: 080-3294-7831
(電話に出られないことがあります。ご了承ください。)
***********************************
お車でお越しの際は、
千手寺さんの近くに
専用駐車場がございますので、
ご活用ください。

 

2018年5月19日(土)          マインドフルネス体験会は無料で開催☆

4月も後半になり、暖かい日が多くなってきましたね!

さて、5月と6月のマインドフルネス体験会ですが、

な、な、なんと無料で開催とさせていただきます!(チラシはこちら!

以前から少しでもご興味を持たれていた方は

この機会に足を運んでいただけると嬉しいです(*’ω’*)

5月の開催は、5月19日(土)10:00~12:00

6月の開催は、6月16日(土)10:00~12:00

いつも通り千手寺さんで行います。

いつもは村椿愛が担当させていただいておりましたが、

5月から産休予定で不在にすることがあり、

5月と6月は夫の村椿智彦が担当することになりました!!

7月以降の予定については、また後日お知らせいたします。

********************

【5月のマインドフルネス体験会】

5月19日(土)10:00~12:00

会場: 千手寺 会館 1 階座敷

(宮城県大崎市古川千手寺町1-10-45)

参加費:無料

定員:先着15名

講師:

・村椿 智彦(むらつばき ともひこ)

東北大学大学院医学系研究科博士課程 修了

マインドフルネス瞑想療法士(日本マインドフルネス精神療法協会認定)

博士(医学)、修士(臨床心理学)

・村椿 愛(むらつばき あい)

北海道医療大学大学院心理科学研究科修士課程 修了

マインドフルネス瞑想療法士(日本マインドフルネス精神療法協会認定)

臨床心理士、修士(臨床心理学)

参加をご希望の方は前日までにご連絡ください。その他、ご質問もどうぞ☆

mail: mindfulness.simtmiyagi*gmail.com
(「*」を「@」に変換してください)

Tel: 080-3294-7831

(電話に出られないことがあります。ご了承ください。)

********************

お車でお越しの際は、

千手寺さんの近くに

専用駐車場がございますので、

ご活用ください。


4月のマインドフルネス体験会のお知らせ♪

********************

【4月のマインドフルネス体験会】

4月21日(土)10:00~12:00

会場: 千手寺 会館 1 階座敷

(宮城県大崎市古川千手寺町1-10-45)

参加費:1回1000円

定員:先着10名

講師:村椿 愛

マインドフルネス瞑想療法士(日本マインドフルネス精神療法協会認定)

臨床心理士

↓参加をご希望の方は前日までにご連絡ください。その他、ご質問もどうぞ☆

mail: mindfulness.simtmiyagi*gmail.com

(「*」を「@」に変換してください)

Tel: 080-3294-7831

電話に出られないことがあります。ご了承ください。)

********************

お車でお越しの際は、

千手寺さんの近くに

専用駐車場がございますので、

ご活用ください。

3月31日のマインドフルネス体験会

気づけば、もう4月ですね〜!

ゆったりな更新になりましたが、

3月31日の体験会について☆

今回は、

マインドフルネスと

マインドフルネスSIMTについての

ミニ学習と、実践では、基本的な呼吸法、

食べる瞑想、歩行瞑想を行いました( ^ω^ )

食べる瞑想では、今回はレーズンです。

まずは見て観察、持ってみた感触、

におい、舌に乗せた感覚、食感など

丁寧に観察していきました。

食べる瞑想をすると、

いつも食べているものでも、

新たな発見があったりして、

面白いです!

マインドフルネスの実践は

座って行う呼吸法だけではなく、

立っていても横になっていてもできます。

食べる時、歩く時にもできるという点では

実践しようと思った瞬間に

実践が出来ます。

しかし、いつでも実践が可能な一方で、

実践を継続していくことは、とても難しい。

それは、「今日は疲れたから、いいかー」

「呼吸で何が変わるんだ」

「意味ないんじゃないか」

などの思考や本音が出てきて、

建設的な行動を邪魔してしまうことが

あるからです。

マインドフルネスの実践では、

そのような思考や本音を観察し、

それらに振り回されず、

建設的な行動を取れるように、

練習します。

こういった実践を積み重ねていくことで、

不快な出来事を受容し、

そのうえで建設的な行動を取れるように

なっていきます。

今回の体験会では、本音についても少し

お話させていただきました!

私個人としては、この本音の観察が

ガラッと物事の視点を変えてくれた

きっかけでした♪( ´▽`)

過去の苦しい出来事も

現在のうまくいかないと人間関係も、

本音を観察することで、

見えてくるものがあるかもしれません♪

次回の体験会は、4月21日です(*^o^*)

ご興味のある方は

是非一度お越しください☆